シャドウイング

2010年05月02日

5STEPアクティブ・リーディング

5STEPアクティブ・リーディング―単語・聴解・読解・音読・確認 (アルク学参シリーズ)『5STEPアクティブ・リーディング』
著者の和田さんの英語の偏差値を、たった半年で37→70にした「音読」学習法の本です。

5STEPとは:
 1. 重要語彙をチェックする
 2. リスニングで概要をつかむ
 3. 英文を詳細まで読み込む(5段階)
 4. 音読で英文をIntakeする(7種類の読み方で20回)
 5. 入試形式の問題で最終確認する

頭はもちろん、耳、口、手も総動員するから「アクティブ」リーディング。

高校生向けに書かれたリーディング力アップの学習参考書ですが、指示が詳しく、授業を受けるような感覚で学習できるので、独学したい大人にもおすすめです。

音読がいいことは分かっているけど、1人ではなかなか・・

という方も、指示にしたがって色々な読み方をしていくうちに、20回読めてしまいます

英文のレベルはリスニング用としては高めで、難易度は
TOEIC<本書<TOEFLというかんじ。

内容もTOEICよりバライエティに富んでいて、
どちらかというとTOEFLに近いです。


【こんな方におススメ】

・英語力の底上げをしたい、やる気に満ちた独学の方
・1つの素材から吸収し尽くす学習スタイルが好きな方
・基本文法をひととおり学んでいる方
・英文の論理構成を把握し、内容を整理する練習をしたい方(←私)
・幅広いトピックの英文を読みたい方
・TOEFLはまだ難しすぎるので、1ステップ入れたい方
・音読の練習にもうひと工夫加えたいと思っている先生


【おススメしない方】

・基礎的な知識がない方(文法や構文の説明は多くありません)

・とにかくすぐにTOEICのスコアを上げる必要がある方
 (TOEIC用の勉強をしたほうがいいです)

・本気でない方
 (最初はある程度の覚悟をもって取り組んだほうがよいと思います。
  いったん波に乗れば、どんどん楽しくなってくるはず!)


【オススメレベル】中級
【オススメ度】90点


英文のレベルも適度にチャレンジングだし、
簡単な英語のサマリーもあるので
先日紹介した『英語の力を呼び覚ます』の
DSL学習法
の教材としても使えそうです。

ymkarin at 14:18|PermalinkComments(1121)TrackBack(0)

2008年11月29日

シャドーイングと音読の科学

シャドーイングの科学
「TOEFLテスト 一発で合格スコアをとる勉強法」
を見て買った2つめのアイテムが「シャドーイングと音読の科学」
です。

ひさびさに読むカタめの内容で
頭がキリキリしましたが
それだけの価値がありました。

シャドーイングや音読(これまで、この2つの言葉さえ
区別なく使っていました(*´Д`*))が、
どんな能力を育てるのか、
なぜ効果的なのか、
何を意識して行うべきなのか

といったことに初めて納得がいきました。

シャドーイングや音読がよい
ということは分かっていても、

使える時間や、生徒さんのレベルによって
どう取り入れるのが一番効果的なのか
悩むことも少なくなかったのですが、

この本を読むことで
まがりなりにも理論的に結論を導けるようになりました。

いろんな研究をしたり
惜しみなく成果を発表してくださる方たちに
感謝します。

ymkarin at 10:14|PermalinkComments(7360)
livedoor プロフィール
Recent Comments