2007年08月

2007年08月15日

1つの教材を仕上げる

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』をひととおりやり終えました。

5分ぐらいのスピーチを冠詞1つまで
完璧にシャドウイングできるようになるまで
1週間ぐらいかかりました。

 納得のいく教材をみつけて、
 いったん始めたら最後までやり抜く。


これが私が行き着いた
自分に一番しっくりくるスタイルです。

魅力的な教材がどんどん出るので
つい新しいものに手を出したくなってしまう気持ちを
ぐっと抑えて。

やりかけたものがたくさんあるときの
「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」と
気持ちばかりが焦ってしまう
あのかんじがとても苦手です。

未完了が奪うエネルギーって大きいんですよね。

そんなことを考えていたら
『K/Hシステム』にこんなアドバイスがのっていました。



  [自分のやっている勉強法に疑問を抱いたときは]
   次のように考えることをお勧めします。

  「たかが英語の勉強。勉強法と言っても、最も適切か、
  やや適切な方法か、その程度の差。迷って身動き がと
  れなくなるぐらいなら、どんな方法論でもよいから、そ
  れを信じて徹底的に勉強してしまってから考えたほうが、
  最終的には英語力は高まる」




ブラボー!

ymkarin at 22:00|PermalinkComments(1825)TrackBack(0)学習法・学習スキル 

2007年08月14日

究極の英語学習法 K/Hシステム(3)

KyukyokuEigo
『究極の英語学習法K/H System (入門編)』
のなかで特におもしろいと思ったのが

  1、2文ずつ、聴いたらCDを止めて、
  理解した内容を言って録音してみる


というエクササイズです。
英文の意味をつかむためなんですが、

実際にやってみると...

分かっているつもりだったのに
なかなか日本語にできないところがあることに
気づきます。

これは、たんに日本語が思い浮かばないというより
本当のメッセージがちゃんと理解できていないからなんですね。

理解が曖昧なところが、とても発見しやすくて
最近かなり気に入っている方法です。

総合得点:97点
本当の実力をもった人たちが書いた
本物の勉強法。上級者におススメ。

ymkarin at 01:43|PermalinkComments(3295)TrackBack(0)リーディング・文法 | お気に入り教材

2007年08月12日

究極の英語学習法 K/Hシステム(2)

KyukyokuEigo
『究極の英語学習法K/H System (入門編)』のことを
書きたいとずっと思っていたんですが

あまりに中身が濃すぎて
いまだ消化しきれず・・・

レビューに時間がかかっています。

でも「すごいかも!」という直感は
確信に変わりました。

この人たち、本物です!

内容が濃い〜がゆえに
半端な気持ちでやると挫折しちゃう可能性も
小さくないと思うので・・・

とりあえずは、英語力にある程度自信のあるかた、
やる気満々のかた以外にはお薦めしませんが。

個人的には、発音とリスニングに
効果が出始めている気がします。

ymkarin at 01:25|PermalinkComments(2131)TrackBack(0)リーディング・文法 | お気に入り教材
livedoor プロフィール
Recent Comments