2007年01月

2007年01月29日

なんて言うの?「金縛り」

レッスンで「○○って英語で何ていうんですか」
ときかれて困ることが時々あります。

今週もありました。

それは...

「金縛り」

英語では"sleep paralysis"というようですね。

  I had sleep paralysis last night.
  
  (ゆうべ金縛りにあった)

なんていうふうに使えばいいんだと思います。



ymkarin at 09:27|PermalinkComments(423)TrackBack(0)話す 

留学のススメ

ふとしたきっかけで
思いがけず留学することになった私ですが

結果的に、いままでやったことのなかで
一番よかったことの1つだと思っています。


ですから、生徒さんたちにも
積極的に留学をすすめています。

留学がいいと思う理由はたくさんあるのですが、

英語を使わなければならない状況に身を置くことで
英語力が伸びることになる。

とくに、人前で英語を話すのはいまいち抵抗があるという人
(まさに私がそうでした)には効果てき面です。


また、コトバを身につけるには
文化的な知識がかかせません。

映画などもすごくいいんですが
その文化に身を置いたことがあると
「こういう場面ではこういうことを言うんじゃないかな」
「これはあれのことを言っているんじゃないかな」
というようなカンが働きやすくなる気がします。
その結果、英会話やリスニングがラクになります。


知識としては理解できていても
使い方にいまひとつ納得がいかなくて
使えきれずにいる英語ってありませんか?

そういう表現がどうやって使われているのか
実際の場面で耳にすることで、
「こうやって使うのか」と
突然しっくりくる経験。
これも快感です♪


そして、なんといっても新しい価値観との出合い!
海外に住んで、可能性や選択肢が広がるのを感じる方は
多いと思います。


留学をすすめる理由はまだまだあるのですが
とにかく関心のある方には一歩を踏み出してほしい!
そう強く強く思います。

具体的な行動をとると
夢までの距離が一気に縮まります。

私の生徒さんの中には一本の電話をしたことで、
ワーキングホリデーへの参加が決まったり
留学先が決まったりした人が何人もいます。


やる気はあるけど、具体的に何をしていいか分からないという方は
たとえば「留学ジャーナル」
などの機関に相談してみてはどうでしょうか。
(「留学ジャーナル」と私の利害関係は一切ありません。)

実際に留学された生徒さんたちにきいたところ
ここの説明会に行ったり、相談に行ったという方が
何人かいらっしゃいました。


もう1つ参考になるかもしれないのが、
アメリカ在住の近藤真大さんという人の
無料オンラインセミナーです。

セミナーをきいた限り好感のもてそうな方ですし
内容も留学ジャーナルの人の話と
けっこう近い印象でした。

http://www.mote-ryu.com/

から申し込めます。


ymkarin at 09:13|PermalinkComments(284)こぼれ話 

日常表現が学べる子ども向けの本 

だんだん高度な会話もできるようになってきたのに
簡単な表現が出てこなくて、ドキッとした経験ないですか。

「犬を散歩に連れて行く」とか「洗濯を干す」とか。

ネイティブの子ども向けの本は
簡単な英語で書かれていながら
生活に密着した単語や表現が多くて
楽しみながらも勉強になっちゃいます。

今回ご紹介するのは

FlatStanley

『Flat Stanley』

Jeff Brown 著



生徒さんに人気の『ハリーポッター』などと比べると
簡単すぎると感じる方もいるかもしれませんが
これがなかなかあなどれないんです!



たとえば、

(1) 茶封筒
(2) 投函口(郵便ポストの)
(3) 赤くなる(恥ずかしさで)

って、英語で言いたいとき。
どんな表現を使いますか。


この本のなかでは

(1) brown-paper envelope
(2) slot
(3) blush

が使われています。


答えをきくと「なーんだ」と思うのに
すぐに出てこなかった表現はなかったですか?

そんな表現が満載の1冊です。

日本のAmazonでの評価はまあまあですが
アメリカのAmazonではかなり高いんですよ。

==> Amazon.comでの評価


帰国子女の生徒さんが、
現地の先生にすすめられたとかで
やはりこの本を持っていました。

ymkarin at 09:08|PermalinkComments(5271)話す | まあまあの教材

2007年01月04日

使わなきゃいけない状況をつくる 

英語の基礎を身につけたら(←意外と大事)
英語を使わなきゃいけない状況に身をおく..

英語を学ぶベストパターンだと思います。

「もう少しうまくなったら・・・」
なんて待っていないで、

「えーい!」と
飛びこんでしまったほうが確実に伸びます。

経験者の私が言うんだから間違いありません。(笑)

英会話学校で教えはじめたとき、正直
「帰国子女でもない私が教えていいのかな」
と思っていました。

知らないこといっぱい
不安もいっぱい・・・

生徒さんの質問に答えらなかったり
間違えたことを言っちゃったりして
冷や汗もいっぱいかきました。

でも、おかげで英語は
趣味としてコツコツ勉強したころより
ずっと速く伸びた気がします。
(まだまだ修行中の身ではありますが。)

「できなくても、なんとかしなきゃいけない」
このプレッシャーが効くんです。

というわけで、

とにかく英語を使うポジションなり仕事をゲットして
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あとは現場でもがきながら伸ばす
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というパターンを生徒さんにはおすすめしています。


ただ、いろいろな事情で
そういうことがすぐに可能でない人もいますよね。

そんな1人、英検準2級+ショッピング大好きのMさんに
最近、提案したのがeBay(イーベイ)、海外のオークションです。

当然、取引はすべて英語ですが
使われている英語はそれほど難しくありません。

でも、お金が絡むわけなので
いい意味でのプレッシャーはありますよね。

こんなレポートも出ています。最初の2ページだけでも
読む価値があると思いますよ。

「中学英語でガツンと稼ぐ!
  海外オークションeBay(イーベイ)登録〜入札・落札編」

http://tinyurl.com/ygqvkm


ちょっと怖い!というぐらいのことに挑戦して
英語をのばしましょう。(私も実践中です。)


ymkarin at 05:34|PermalinkComments(828)TrackBack(0)学習法・学習スキル 

2007年01月03日

すぐに使える自然な表現集

ちょっと古い本ですみませんが、
お気に入りの1冊なので紹介させてください。


   ==>『ベラベラブック〈vol.1〉』
     


なんで好きかっていうと
表現がすごーく自然だからです。


日本で売られている英語の教材でたまに気になるのは

□初心者が使ったら異様な気がする表現
□文法的には正しいけど、会話ではあまり使わない表現
□使い方によっては失礼になる表現

などをのせているものです。続きを読む

ymkarin at 05:30|PermalinkComments(2751)話す | お気に入り教材

2007年01月01日

やるべきことをやるだけ(2)

前のブログに書いた"It takes what it takes"を
英語の学習にあてはめてみると・・・

「話せるようになりたい」と思ったら
学ぶべき最低限のルールや単語
というのはどうしてもあって

どんな方法にしろ、とにかくそれは身につけなきゃいけない。

それを、苦労せず自然に身につけてしまう人もいるし
何回もくり返し暗記しなければいけない人もいるけど

それなくして話せるようになることは
まずありえない。

いやだろうが、難しかろうが、時間がかかろうが
やるべきことを1つ1つこなす。

逆に言うと、
やることさえやれば
必ず話せるようになる、
そういうことかなと思います。


ymkarin at 00:32|PermalinkComments(3641)学習法・学習スキル 
livedoor プロフィール
Recent Comments